”キャリア育児”
 のすすめ
~ビジネス視点で進める子育て~

キャリア育児(キャリ育)とは

キャリア育児とは、今後どんなに社会が劇的に変化しようが、変化を恐れないで、キャリアと積んでいかれる、もしくは、キャリアを描ける子供育てるという視点で子育てをしていこうという考え方です。 ゆくゆくはプロジュクト化したいと考えています。
アフタービルゲイツ(インターネット普及)以来、ビジネスをとりまく環境・条件、人々の暮らし方は激変しました。
これまでマンパワーで行っていた業務が、構築されたソフトで実施することが可能になり、個人が世界の誰とでもビジネス、コミュニケーションできる時代となったことで、新しいIT関連の産業が立ち上がりました。

これからも、世の中は劇的に変化することは必至ですし、時代の花形産業の寿命もこれまでと比べ短くなり、その変化に柔軟に対応できる存在(個)でない限り、これからの世の中を生き抜くことは難しくなるでしょう。

この学校に入学させれば大丈夫、この企業に就職させれば大丈夫、という高度成長期時代の教育観を親が子供に押しつけてもあまり意味がない時代が到来している、とも言えます。 親の教育観・子育て法も新しいフェイズに入らなければいけない変換期にきていることは間違いありません。

そんな、「どんな時代をも生き抜ける子供を育てる」ためには、4つの「自」が必要だと考えています。

  • 自学力
  • 自己肯定観
  • 自制心(道徳観)
  • 自国語を正しく話す
しかし、上記のような抽象的な言葉を理解いただくのは、難しいことです。
ですので、日常の子育ての中で、ご両親等が対峙することを想定したシーン・悩みごとについて、どのように考え、行動していくべきかを著書や講演などでお伝えしたいと考えています。
みなさんからいただく相談1つ1つが「キャリ育」の中身を濃密にしていくことにもつながります。
「“キャリア育児”のすすめ」のFacebookページなどを通じ、いろいろなご相談・コメントをお待ちしています。可能な限り、誠心誠意回答させていただきます。

多くの親御さんが「その人なりの子育て」に自信を持つことができ、成績の良し悪しにかかわらず、自分の人生を切り拓けるお子さんで世の中が満ち溢れれば、社会は幸福になると思っています。